土地

地域や土地に勢いがある場所のマンションを購入すべき

土地には、その利用目的等に応じていくつかの用途地域が分かれています。
その中で最も良好な住環境を獲得できると言われているのが、第一種低層住居専用地域です。

第一種低層住居専用地域では、住宅を作る際の建ぺい率や容積率が少し厳しく定められていて、これを超える範囲の住宅を建てることができなくなっています。
また、建物の高さに対しても制限が加わっている為、高い建物を建てることができません。

それゆえに自然と低い建物ばかりが立ち並ぶことになり、庭にもゆとりができて広々とした住宅が作られることになるのです。
第一種低層住居専用地域では、高さ10mまたは12mを超える建物を作ることができない決まりになっています。

となると、自然と作られる建物は限られてきます。
当然高層マンションのような建造物は存在し得なくなり、各家庭の日当たりも確保されるという利点があります。

都会的な暮らしを求める方にとっては少々物足りなく感じるかもしれませんが、のどかな暮らしを求めている方なら、第一種低層住居専用地域に家を作るのが最も理想的ではないでしょうか。

最ものどかな住環境が獲得できるのは、第一種低層住居専用地域

土地には、その利用目的等に応じていくつかの用途地域が分かれています。
その中で最も良好な住環境を獲得できると言われているのが、第一種低層住居専用地域です。

第一種低層住居専用地域では、住宅を作る際の建ぺい率や容積率が少し厳しく定められていて、これを超える範囲の住宅を建てることができなくなっています。
また、建物の高さに対しても制限が加わっている為、高い建物を建てることができません。

それゆえに自然と低い建物ばかりが立ち並ぶことになり、庭にもゆとりができて広々とした住宅が作られることになるのです。
第一種低層住居専用地域では、高さ10mまたは12mを超える建物を作ることができない決まりになっています。

となると、自然と作られる建物は限られてきます。
当然高層マンションのような建造物は存在し得なくなり、各家庭の日当たりも確保されるという利点があります。

都会的な暮らしを求める方にとっては少々物足りなく感じるかもしれませんが、のどかな暮らしを求めている方なら、第一種低層住居専用地域に家を作るのが最も理想的ではないでしょうか。

不労所得を生み出す不動産が欲しい

日本の景気はアベノミクスで持ち直すとか、この経済政策の先行きは不透明だとか、色々と言われていますが、しかし確かな事があります。
それは少子高齢化が進むと言う事と、年金制度がやがては破綻するであろうと言う事です。

年金制度が破たんすると言う事は、老後の生活はこれには頼れないと言う事です。
と言う事は、他に収入源、不労所得の源を確保しておきたい所です。

その点、不動産は丁度良い感じです。
とは言え、家賃収入などが得られる不動産は中々手に入れられる物ではありません。

となれば、一般人は不動産による不労所得を諦めないといけないのでしょうか?いえ、一つ手があります。
それは競売の活用です。

経済的に行き詰まった人たちが持つ不動産等が競売にかけられる事がありますが、競売の場合、相場価格よりもかなり安く不動産を手に入れられる事があります。
この様な場合、一般人でも購入可能な物件もあり、その中からお値打ち不動産を確保。

そして不労所得の源にしてしまえば良いのです。
競売物件の情報に要注意です。

土地探しは、面倒でもアナログで

数年前、新築で家を建てるため、土地探しをしました。
家を建てるのはもちろん、土地を買うなんて初めての経験でしたが、インターネットでどこからでも簡単に情報が得られる時代、まずはネットで、とまるでネットショッピングでもするような軽い気持ちで、不動産情報サイトを検索しました。

今思えば、一番近道だと思ったその方法が、最も遠回りでした。
ネットに掲載されている不動産情報って、かなりいい加減なのです。

ずっと以前に契約済、売却済になっている物件が、依然として残っていたり、都合の悪い部分は切り落とした外観写真を掲載していたり……。
よく考えれば、誰が見ても良い物件、誰もが欲しがりそうな物件が、いつまでも残っているわけはありません。

どんな商品だって、需要が多いものは品薄で、すぐにSOLD OUTするものです。
良い物件ではなく、売れ残るから、写真の加工などと言う、卑怯な手段を講じて、良い物件に見せかける小細工が必要、というわけで……。

では、不動産屋の情報なら確かか、というと、一概にそうとも言えません。
私の場合は、契約直前までこぎつけた物件の情報資料に、致命的な記載ミスがあったことが判明(不動産屋のミスです)。

やっとの思いで契約まで辿り着いたのに、ゴール目前でまたふりだしに戻った、という苦い経験があります。
やはり、一番確かなのは、アナログだけれど、自分自身が歩いて、自分の目で見ながら、物件探しをすること。

すごい労力ですが、そもそも不動産というものは、楽に探せるものではないのです。
土地などは特に、工業製品のように量産されているものではありませんから、需要に対して供給が極端に少ないものの一つです。

不動産は粘り強く、希望を捨てず、誰よりも早く情報を得る努力をした者だけが手に入れられる、宝物。
でも、心配しなくても、不動産との出会いも縁。

いくら追いかけても手に入らない物件もあれば、向こうからアプローチしてくる物件もあるのです。
自分の要望とうまく折り合いをつけながら、現実的な物件を選ぶ、というところも、人間同士のパートナー選びに、よく似ていると言えるでしょう。