不労所得を生み出す不動産が欲しい

日本の景気はアベノミクスで持ち直すとか、この経済政策の先行きは不透明だとか、色々と言われていますが、しかし確かな事があります。
それは少子高齢化が進むと言う事と、年金制度がやがては破綻するであろうと言う事です。

年金制度が破たんすると言う事は、老後の生活はこれには頼れないと言う事です。
と言う事は、他に収入源、不労所得の源を確保しておきたい所です。

その点、不動産は丁度良い感じです。
とは言え、家賃収入などが得られる不動産は中々手に入れられる物ではありません。

となれば、一般人は不動産による不労所得を諦めないといけないのでしょうか?いえ、一つ手があります。
それは競売の活用です。

経済的に行き詰まった人たちが持つ不動産等が競売にかけられる事がありますが、競売の場合、相場価格よりもかなり安く不動産を手に入れられる事があります。
この様な場合、一般人でも購入可能な物件もあり、その中からお値打ち不動産を確保。

そして不労所得の源にしてしまえば良いのです。
競売物件の情報に要注意です。