最ものどかな住環境が獲得できるのは、第一種低層住居専用地域

土地には、その利用目的等に応じていくつかの用途地域が分かれています。
その中で最も良好な住環境を獲得できると言われているのが、第一種低層住居専用地域です。

第一種低層住居専用地域では、住宅を作る際の建ぺい率や容積率が少し厳しく定められていて、これを超える範囲の住宅を建てることができなくなっています。
また、建物の高さに対しても制限が加わっている為、高い建物を建てることができません。

それゆえに自然と低い建物ばかりが立ち並ぶことになり、庭にもゆとりができて広々とした住宅が作られることになるのです。
第一種低層住居専用地域では、高さ10mまたは12mを超える建物を作ることができない決まりになっています。

となると、自然と作られる建物は限られてきます。
当然高層マンションのような建造物は存在し得なくなり、各家庭の日当たりも確保されるという利点があります。

都会的な暮らしを求める方にとっては少々物足りなく感じるかもしれませんが、のどかな暮らしを求めている方なら、第一種低層住居専用地域に家を作るのが最も理想的ではないでしょうか。